スポンサーサイト

2014.10.09 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    今日のほん 『視覚ミステリーえほん』

    2014.10.08 Wednesday

    0
      ウォルター ウィック
      あすなろ書房
      ¥ 1,944
      (1999-05)
      コメント:幼児から大人まで幅広く楽しめる本です。

      今日のほんは、これです。
      『視覚ミステリーえほん』
      ウォルター・ウィック作 林田康一訳 あすなろ書房 1999

      古本屋さんで見つけました。
      小学生には『ミッケ』などのシリーズの方が有名で、
      同じ人の本だと紹介すると、
      「へぇ〜」、「ミッケ、持ってる」とか「ミッケ知ってる」という
      返事がたくさん聞かれます。

      毎年、6年生を対象にしたブックトークで紹介すると、
      先生も興味を持ってくださいます。
      新年度になって、
      自分のクラスの子どもたちに紹介してくださったりしているようです。

      ここからいろんなジャンルの本へと、
      楽しみの輪が広がってくれそうだなあ、そうならいいなあと思います。


       

      今日のほん 『中村俊輔 世界をかける背番号10(ファンタジスタ)』

      2014.10.05 Sunday

      0
        矢内 由美子
        学習研究社
        ¥ 1,296
        (2007-09)
        コメント:「よかった。これでまた強い相手と試合ができる。」「どうせやるなら、一番強い相手とやりたい。」サッカーだけに限らず、何のために練習や努力をするのかを前向きに考えられる本でした。

        今日のほんは、これです。
        『中村俊輔 世界をかける背番号10(ファンタジスタ)』
        矢内由美子 学研

         

        今日のほん 『石井桃子のことば』

        2014.10.03 Friday

        0
          中川 李枝子,松岡 享子,若菜 晃子,松居 直
          新潮社
          ¥ 1,728
          (2014-05-23)
          コメント:装丁も中身も魅力いっぱいです。

          今日のほんは、これです。
          『石井桃子のことば』
          中川李枝子著 松岡享子著 若菜晃子著 松井直著
          新潮社

          装丁も中身も、とても魅力的です。
          石井桃子さんのことばと、周りの方々のこと、石井桃子さんの素敵なお仕事の数々が詰め込まれています。

          村岡花子さんの名前もちょっとだけ出てきました。

           

          今日のほん 『夜明けの図書館』

          2014.10.02 Thursday

          0
            埜納 タオ
            双葉社
            ¥ 669
            (2011-10-17)
            コメント:レファレンスの講習で、講師の先生が取り上げていらっしゃいました。

            今日のほんは、これです。
            『夜明けの図書館』
            埜納タオ 双葉社
             

            今日のほん 『図書館の主』

            2014.10.01 Wednesday

            0
              篠原 ウミハル
              芳文社
              ¥ 637
              (2011-08-09)
              コメント:私設児童図書館のお話。スタッフがやる気満々なのが、とても気持ちいい。

              今日のほんは、これです。
              『図書館の主(あるじ)』
               篠原ウミハル 芳文社

               

              今日のほん 『草子ガイドブック』

              2014.09.30 Tuesday

              0
                玉川 重機
                講談社
                ¥ 761
                (2011-09-23)
                コメント:ブックトークのシーンがある。2014/9/30

                2014/9/30
                今日のほんは、これです。
                『草子ガイドブック』
                玉川重機 講談社

                ブックトークの場面があります。

                出てくる本などは、以下の通りです。
                『ロビンソン漂流記』、
                司書教諭のこと、
                『吾輩は猫の友達である』、
                ブックトークのこと、
                『ティファニーで朝食を』、
                『ボッコちゃん』、
                『一千一秒物語』、
                『ティファニーで朝食を』より「ダイヤのギター」、
                蔵書票について、
                『山月記』、
                『山歌集』、
                『うらおもて人生録』


                レファレンスの研修を受けて、講師の先生が『夜明けの図書館』を使われたので、
                図書館関係のマンガを読んでみることにしました。

                 
                1